いせはら一歩前!

ワクチン接種したほうが感染が拡大する

2021.7.20 7/5にビラをつくってから、まだ2週間ですが、事態は悪いほうに進んでいます。「20歳未満のワクチン接種は、ちょっと待とう」などどいう悠長なことを言っていられないかもしれません。 ヨーロッパの国々では、 …

» 詳細を確認する

COVID-19

COVID-19とワクチンに対する自分の意見をまとめた。 2021.5.29 新型コロナウイルスが、公式見解のようにコウモリ由来で偶然ヒトに感染するようになったのか、それとも遺伝子組み換え実験中のウイルスが誤って研究所か …

» 詳細を確認する

新型コロナワクチン

ちょっと待ちませんか?20歳未満のワクチン接種 2021.7.5 個人のメリットはない。集団のメリットもないかもしれない。デメリットは未知。  東成瀬で学習塾を開いている岸圭介と申します。理系の人間ですが、医学を学んだこ …

» 詳細を確認する

新しい政治

組織に属している一部の既得権益者の政治を変えたい

 組織に属さない市民が選挙に行かないと、組織の票で当選した候補者が組織のための政治を行い、組織に属さない市民のための政治は行われません。そして、日本には多額の借金があるのだから増税に耐えなくてはいけないという間違いを信じ込まされ、組織に属している一部の既得権益者だけが豊かになる政治が続きます。生活が苦しいのは政治の責任です。 当事者の声を聞け! 個人を直接豊かにする政治に変えろ! 日本は財政破綻などしない! お金と時間を私たちに返せ! という声を受ける立候補者がいて、それに賛同する有権者がいないと、政治は変わりません。

選挙を組織に頼ると、真に市民の側には立てません

選挙を組織に頼ると、組織に忖度して、市民のための情報開示と判断ができません。血縁・地縁・組織・名前・顔で当選する議員では、市民のための市政は実現しません。

議員の活動を、お金も含めてすべて明らかにします

伊勢原市の市議会議員選挙2019では、公費負担(=税金)が約89万円(候補者1人あたり最大)ありました。市民は、お金を払って街宣カーの名前連呼を聞いているのです。私はポスター代約15万円以外の公費は使いませんでした。街宣カーも事務所も地域情報誌への広告もなく、写真は友人撮影、ビラはすべて手配りなので、私費も約28万円しか使っていません。普通の1/5~1/10だと思います。(私はH19伊勢原市PTA会長時に上部団体に納めているお金を、今は東成瀬自治会長として会長報酬(東成瀬自治会は2018年に自治会連合会に加盟しなくなった時点から、自治会への助成金も自治会長報酬も無くなりました)などを、すべて明らかにしています)

選挙前だけでなく常に街頭に立ち市民の声を聞きます

市議会議員の大きな役割は、市民の声を聞くことです。駅前や店頭に立ったり様々なグループにおじゃましたりして、市政に対する不満や要望や意見を聞きます。

生活を本気で良くするために、新党と連携します

国政が変わらないと、市民の生活は苦しくなるばかりです。そして、真に国民のためになる政治は、既存の政党ではできません。天木直人氏は、現在は社会運動と評論家活動しか行っていませんが、天木直人氏の新党憲法9条と連携します。神奈川4区(鎌倉市、逗子市、葉山町他)で次期衆議院議員選挙の準備をしている、大西つねき氏のフェア党と連携します。参政党、嵐の党など、どのような党になるのか分からないながら新しい政党もできています。