改めて今回の選挙を振り返ります。
 
投票してくださった929人の皆様。ご期待に応えられず残念です。しかし、落選したからと言って、「政治を変えないと私たちの生活は益々苦しくなる。子ども達にまっとうな社会を残したい。」という思いが無くなる訳ではありません。できることをやっていきます。血縁・地縁・組織ではなく、立場・理念に賛同して投票してくださる方を、あと149人(今回の選挙で足りなかった票数)増やせればと思っています。
 
私の選挙は、自分の当選だけが目的ではありません。だから、選挙に行く層に合わせたアピールをするとか、既存の選挙の形を取り入れるとか、組織に頼るとか、そういうことは全く考えていません。落選は、私の立場・理念に賛同してくれる方が当選できる数だけいないのだと考えます。偉そうに言えば、私を議員にすれば市民全体の利益になるのに何でそれが分からないんだろう(分かってもらう努力が足りないことは十分承知しています。)とも思っています。大きなことを言えば、PTAや自治会といった身近なことから国政まで、もっと民主主義を実現するのが目的です。理想だけでは票にならないとか、当選してから理想を語れとか、名前と顔を売れとか、握手して回れとかとおっしゃる方もいて、それは現実なのでしょうが従う気はありません。選挙事務所や街宣カーが必要とも思いません。(組織がしっかりしている候補者は、何で街宣カーを出すのだろう?そういうもの、とだけ考えて前例踏襲しているのだとしたら、最も議員にふさわしくない考え方だ。お金と労力の無駄遣いとしか思えない。)
 
新党の第一歩をしるせなかった事は残念です。市民の豊かさは正しい国政がなければ実現しないので、「日本は財政破綻しない!消費税増税反対。5%へ減税!」さらにその先に、「日米安保を見直し、政府通貨を発行する」という訴えを続けていきたいと思います。推薦してもらった新党憲法9条は、栃木県矢板市で市議会議員が誕生しました。フェア党は、党首の大西つねきさんが、精力的に講演活動を続けています。今後も連携し応援していきたいと思っています。
 
当選者を見て、市民の一人としての心配と期待を述べます。
相馬さん、安藤さん、橋田さんの会派、共産党の川添さん、宮脇さん、ネットの土山さん。その他の方は、公明党3人と自民党系11人になってしまいます。新人議員の方々は大きな会派に入らないでほしいな。入ったとしても自らの意見を言ってほしいな。ぜひ市民のための議論と発信を期待します。
 
以下は今回の活動の総括です。
【告示前の活動】
9月 広報紙№1を、地元に挨拶しながら配布(全部で15000枚をポスティング)
10月 大西つねき氏、天木直人氏の講演会(6名、12名)
11月 Youtube に動画をアップ(4/22現在再生回数529回)
12月 IY前、OKストア前、駅前。中学校給食の演説、薔薇マークキャンペーン周知、山本太郎議員の署名活動。(4/13までに合計56時間)
2月 広報紙№2ポスティング。(4/5までに19350枚)
    看板設置2個
    メールで動画の拡散をお願いする。
▼感想
 「新党憲法9条」天木直人氏の衆議院選挙を手伝っていたので、街頭演説を聞いてくれないことは分かっていた。しかし、安全保障の話ではなく、市内の中学校給食や消費税減税の話だから、少しは聞いてくれると思っていた。延べ数千人の耳目に触れたと思うが、足を留めて聞いてくれたのは数人。飲み物を差し入れてくれた見知らぬ方が2人。署名をしてくれた方は100人弱。署名をしてくれるのは、年金暮らしで消費税増税は困るというおばあさんが半分くらい。
 政治に関心を持っているのは1%くらいだと感じた。投票率は45%だが、その中でも多くの方は自分で考えて投票先を決めているのではなく、どこかの誰かの指示に従っているだけなのだと思う。
 署名をしてくれた方のすべてに聞いたわけではないが、薔薇マークキャンペーンを知っていた人は1人もいなかった。ヤフーニュースのトップに載るくらいにならないと、認知されないということだと思う。伊勢原が田舎なのでこんな状況なのかもしれないが、インターネットだけで政治のことを広めるのは難しいと感じた。
 日本人は、こんなにも人相が悪くて余裕がない顔をしていたかな?と思った。(朝通勤通学する方々の方が、まだ明るい顔の方多い。)絡んでくるおじいさんが2人、持論を延々と述べるおじいさんが3人いた。
▼次回に向けて
平日の午前中と夕方、休日の昼と夕方に、買い物客がいるところで演説する。演説しながら、A5の大きさの簡潔な1~2つの話題のチラシを配布する。そんな活動を続ける。
 
【告示後】
4/14(日)  例大祭12:30まで。13:30選管。準備に1時間。15:00~16:00石田と東成瀬を回る。16:00~19:00遠いところのポスターを貼りに行く。
4/15~19  朝6:00頃~8:15頃まで、愛甲石田駅南口、北口、伊勢原駅北口、南口(2日間)の順であいさつ。(月)(火)はその後遠くへポスター貼り。(水)は自転車でポスター貼り。(木)は伊勢原駅から歩いてポスター貼り。(金)は歩きながら街宣。
4/20(土)  午前中は成瀬地区を自転車で、午後は伊勢原駅近くを歩きで、夕方~夜は地元を歩いて回った。
▼感想
 子育て世代へのアピールをしたかったのだが、場所と時間が適切ではなく、そういう人達の前に立つ時間が少なかった。仮にうまくいったとしても、子育て世代が選挙に行くのか?行くだけの関心を呼べたか?という課題は残る。
 ポスター貼りのために時間をとられたのは(特に車に乗って移動するのは)無駄だった。誰もいない場所がたくさんある。
 
▼次回に向けて
ポスターに、自転車で回るスタイルの写真家イラストを入れる。
ポスター貼りは協力者にお願いする。街中は早めに貼る。市の西側、北側は後回し。無理して貼らない。
日曜と土曜は、とにかく人のいるところをうろうろしながら露出することが大切。
平日は朝の駅と、夕方の店と、夜の街中に、重点を置く。